月別アーカイブ: 2015年7月

小型の株式投資について思う事

株式投資はプロが運用しても必ず儲かるわけではないので、株式投資の素人は株式投資を自分でやるべきではないという一見まともな意見を聞いたことがある人も多いことだと思います。
確かに、東証一部に上場している大企業の株式は多くのプロ投資家たちが売買の中心になって株価を形成しているので、先ほどの意見も一理あります。

しかし、目を東証一部から東証二部、マザーズ、ジャスダックといった新興企業が多く上場されている市場に移してみると、必ずしも市場参加者がプロばかりではなく、個人投資家がその株価を形成する原因となっている株式もあるのです。

そのような企業は多く場合小型株式なのですが、このような株式は流動性に問題があったりして、多くの場合機関投資家は様々な制約があるので大型株のようには取引しないことが多いのです。
個人投資家たちが株価を形成に大いに関与しているのでその株価はゆがみが生じやすいので、投資素人の方でも利益を出せる確率は高くなると思います。